5minutes Marketing

​5分間でマーケティングプランの作り方がわかるページです

マーケティングをする上で知っておかなければいけないことは山程あります。

要点に絞ったとしても1日2日で理解しきれるものではありません。

とはいえ、事業を止めてじっくり腰を据えてマーケティングに向き合うことができる

経営者、マーケティング担当者の方たちばかりではありません。

そのため、手っ取り早く目標を達成するための地図の作り方を共有することにしました。

以下の文章に沿って、インプットとアウトプットをしながら読み進めていくと、

最後にはこれから何をしたら良いのかが今よりもハッキリとしていることと思います。

​ぜひ5分間であなたのビジネスの指針を手に入れてください。

 

 

※最後に「今すぐ使えるマーケティング施策チェックリスト」の無料プレゼントがあるのでお見逃しなく!

まずはじめに、

マーケティングとは何なのか

マーケティング=

セールスをしやすくすることです

セールス=

​顧客と商品のマッチングをさせることです

つまりマーケティングとは

顧客と商品のマッチングを

させやすくすることです

では、はじめましょう

1.

商品が提供できる価値を知る

顧客は商品そのものが欲しいわけではなく、それによって得られる結果(ベネフィット)を得るために商品を買います。

あなたの商品を利用することで得られる結果は何ですか?

考えられるだけ​書き出してください

2.

商品が解決できる課題を知る

全てのビジネスは課題解決です。商品を利用することで得られる結果によって解決できる課題が無ければ、その商品は誰からも必要とされません。

そのベネフィット(利便性)はどんな欲求を満たしますか?

考えられるだけ​書き出してください

3.

その欲求の持ち主を知る

この欲求の持ち主がターゲットとなります。ターゲットを具体的にすることで、その後の施策を効果的に進めることができます。

ターゲットはどんな人ですか?

以下の項目に従ってターゲットについての情報を埋めてください。

情報を埋めきれない場合は、顧客へヒアリングをしてください。

「この人のような顧客を増やしたい」と思える理想の顧客を選んで、

何故買ってくれたのか、買ってみてどうだったのかなどを聞いてみてください。

理想の顧客と同じような方に商品を買ってもらうことが事業拡大の第一歩です。

既存顧客は過去の新規顧客であることを覚えておいてください。

4.

マーケティングプロセスを作る

マーケティングプロセスとは、ターゲットが「商品と出会い」→「自分にとって必要な商品だと納得し」→「購入を決断して顧客になり」→「その後も顧客で居続けてくれる」ようになるための過程のことです。

マーケティングプロセスを作るためにやるべき最低限のことを以下で紹介します。

これに沿って自社でやっていることとのギャップを埋めてみてください。

​プル型の広告

アフィリエイト広告

リスティング広告(検索連動)

比較されることを前提とした訴求

 

 ・ベネフィットを的確に伝える

 ・他社との優位性を押し出す

​プッシュ型の広告

アドネットワーク

​Facebook広告

気づかせることを目的とした訴求

 

 ・相手の欲求を提示する

 ・欲求が満たせた状態を見せる

ランディングページ

特定の商品のためのページ

申込フォームは同ページに設置

​  フォーム入力補助機能(EFO)

掲載しておくべき情報

 

 ・約束できる結果(ベネフィット)

 ・結果を約束できる理由(特徴)

  ex.機能、仕様、効果効能、

    成分、素材、開発者、

    製造元

 ・納得させるための情報(証拠)

  ex.販売実績、顧客の声、資格、

    第三者機関による認定、

    メディア掲載実績

 ・取引の条件(オファー)

​  ex.価格、特別価格、特典、

    送料、配送期間、保証、

    アフターフォロー

 ・買うための情報

  ex.購入フロー、決済方法、

    お得な買い方、注意事項

顧客へのアプローチ

顧客の欲求に応じたコンテンツ提供

​セールスではなく役に立つ情報

DM、会報誌、SNS

提供していく情報

  

 ・初回購入客

  改めて商品を売るつもりで

  情報提供をする

  ex.得られる結果、特徴

    使い方、顧客の声

 

 ・リピート客

  会社の顔が見えるようにする

  ex.商品へのこだわり、

    顧客への想い・感謝、

    会社での取り組み、社員

 

 ・優良客

  特別感を与えられるようにする

  ex.特別会員化、個別の特典、

    招待制イベント 

※各プロセスにおいてやるべき施策の詳細と説明は、「今すぐ使えるマーケティング施策チェックリスト」に書いていますので是非ご活用ください

5.

目標達成のためのKPIを作る

KPIとはゴールを目指すための小ゴールのことです。目標売上を達成すべきゴールだとすると、そのために必要な小ゴールは「顧客数」と「平均LTV」になります。

年間に1人の顧客がつくる売上の平均額はいくらですか?

 

<計算式>直近1年の新規顧客によって得られた売上の総額÷直近1年の新規客総数

これが平均LTV(LTV=LifeTimeValue:顧客生涯価値)と呼ばれるものです。

期間はとりあえず1年間で見ておきましょう。

​あなたが小規模事業主であればもっと短期間で見ておいてください。

新規で積上げなければいけない売上はいくらですか?

 

<計算式>目標売上-既存顧客からの見込み売上

新規で獲得しなければいけない顧客は何人ですか?

 

<計算式>新規で積上げなければいけない売上÷平均LTV

これで、目標売上を達成するために集めなければいけない顧客の数がわかりました。

6.

​顧客獲得のためのKPIを作る

必要な数の新規客を獲得することをゴールと置いた時に、それを達成するための小ゴールは「訪問数」と「コンバージョン率」です。

直近3ヶ月のコンバージョン率は何%ですか?

 

<計算式>直近3ヶ月の新規顧客数÷直近3ヶ月の訪問数

このコンバージョン率(CVR)があなたの事業の売る力を表す指標になります

※新規事業で過去実績が無い場合はCVR1%としておいてください

目標の新規客数を獲得するために必要な訪問者数は?

<計算式>目標の新規客獲得数÷CVR

計算された数値が集めなければいけないターゲットの数になります

7.

​獲得費用のKPIを作る

目標達成に必要な顧客を獲得するために、集めなければいけないターゲットの数がわかりました。ターゲットとなる人を集めるためには広告が必要となります。

 

利益を最大化するためには売上を上げながら、費用を抑えることが必要です。

​顧客獲得のための広告にいくら使えるのかを決める必要があります。

顧客1人あたりにかかる広告費以外の費用は年間いくらですか?

<計算式>過去1年間の費用(広告費以外)÷過去1年間の顧客数

1人あたりの新規客を獲得するために使える費用は?

<計算式>平均LTV×(1-確保したい利益率)-1人あたりの費用(広告費以外)

これが顧客1人あたりにかけられる費用の上限になります

​獲得単価(CPO)の限界値ということで「限界CPO」と呼ばれていたりします。

​この数値を超える費用がかかってしまっていると事業の採算性が低くなります。

  • Facebook - Black Circle

株式会社テマヒマ 東京都渋谷区桜丘町23-17 support@temahima.company

Copyright © 2015 Temahima .Inc   All Rights Reserved.