• 平岡大輔

Googleアナリティクスアドバンスド〜無料版GAでここまでできる〜(a2i主催)


Googleアナリティクスのポテンシャルを改めて垣間見ました。

「a2i」という団体が主催する玄人向けの勉強会に参加してきました。Googleの古賀さん、Googleアナリティクスのヘルプフォーラム(知恵袋的なサイト)でトップ回答者に選ばれている、アユダンテの村山さん、プリンシプルの木田さん、オロの山田さんという、凄いメンツが登壇者として揃った勉強会でした。

中でも個人的に興味を持ちわくわくした話は、Google古賀さんがしてくれた「Measurement Protocol」と「Data Import」の活用についてです。

どちらもGoogleアナリティクスで収集しているwebデータと、事業主で収集しているオフラインのデータを繋げられる機能です。

それぞれ方法とできることが違うのですが、「Measurement Protocol」はオフラインで収集している顧客データを利用したセグメントをを作れたり、コンバージョンをオンライン・オフライン合わせて管理画面上で見ることができたり、なんとオフラインコンバージョンのアトリビューションを計測したりするこができるという代物です。

若干の開発が必要になるのでハードルは低くないのですが、Googleアナリティクスで取れるアクションの可能性の幅が凄く広がると感じました。

例えば、顧客のランク分けに応じた行動データを見たり、そのセグメントに応じたリマーケティングリストを作れるので、顧客のランクに応じたリマーケティングの入札調整をすることで費用対効果の改善が図れます。

店舗で購入した人が何をきっかけに行動を取ったのかも把握することができます。 もちろん全てのデータを精緻にとれるわけではなのものの、オンラインとオフラインの壁を取っ払う手段としては可能性を感じました。

「Data Import」の方は得られる機能としては劣るものの、データをGoogleアナリティクスにアップロードするだけで利用できるようになります。開発は必要ないので、手軽にオフラインデータとオンラインデータとのつなぎ合わせができます。

こちらはオフラインのコンバージョンを計測することはできないのですが、オフラインデータを使ったしたセグメントを作ることは可能なので、リマーケティングの精度を向上させるという目的には活用できる方法となります。

なんのためにそのデータが必要か?をまず考える

Googleアナリティクスにはどんどん新しい機能が追加されていっているものの、多機能過ぎて全てを日々の業務に落とし込めている人は少ないと思います。

僕が解析する場合も、あまりいろいろな機能を使うことはしていないません。細かく深ぼるよりも、大局で捉えて状態を把握することがまず必要な企業が多いからです。

目的ありきの解析でなければいけません。ただ見れるものを見れるようにする、では使えていることにはなりません。あれもこれもとなった挙句、それを何に生かすんだっけ?という状況になってはいませんか?得た結果をアクションにつなげることが大切です。

今回の機能の説明と活用法を受けて、Googleアナリティクスを軸においてもっと事業を動かしていくことができるなと思ったので、いろいろ試して新しい自分なりの型を見つけていければと思っています。

ちなみに、Googleアナリティクスの拡張eコマースという、ECサイトならマストで設定した方が良い機能があります。コンバージョンタグのようなもので、商品の情報などを収集し、レポーティングすることができるようになる便利な機能です。

オロさんの調査によると拡張eコマース機能の実装状況はGoogleアナリティクス導入企業の1%程度とのことです。まだまだ市場に対してやっていけることが満載だなと感じました。

参考:Googleアナリティクスヘルプフォーラム

#レビュー

  • Facebook - Black Circle

株式会社テマヒマ 東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア39F

Copyright © 2015 Temahima .Inc   All Rights Reserved.