• 平岡大輔

「テレビ」が消える日


TVとネットの同時配信へ向けての法整備が始まったようです。

インターネットが普及したことで生活者の行動が変わり、既存のメディアが軒並み経営危機にさらされています。

テレビを持たない人たちも増えているため、モバイルでの視聴を可能にすることでテレビ業界の衰退を抑えたい狙いのようです。

インターネットでの動画の視聴時間増えていく中で、テレビ番組をいつでもどこでも見られるようにしようという取り組みは、テレビを見ていない層との接触機会の創出としては良いことだと思います。

”総務省は、テレビ業界がじり貧に陥ればソフトを海外展開する「クールジャパン」戦略にも影響しかねないと懸念する。”と言っているようです。

全く効かなくなりましたね「クールジャパン」。テレビ番組が海外に影響を与えるコンテンツになってきたのか疑問なところです。

テレビの主な視聴層は主婦と高齢者です。視聴率を支える主婦や年寄り向けの番組を作っているから、似たような番組ばかりが手を変え品を変え放送されています。

若者にも支持されている番組もありますが、録画視聴が当たり前になった今、視聴率というものは実際の視聴とはかけ離れていってしまっています。

広告代理店で「局担」と呼ばれるテレビのCM枠の買い付け担当をしていたときは、自分の担当していたフジテレビの番組はできるだけ見て、いろんな番組の視聴率も毎日チェックしていました。

どんな番組が始まるのか、その情報を取ることが年に2回ある大行事でした。今となってはそれが何の意味があったのかは甚だ疑問です。

大学に入るまではかなりのテレビっ子でしたが、大学時代は音楽ばかりだったので、局担になってテレビっ子が再登場したような感じでした。

テレビとインターネットの同時配信で気になること

今回の報道によって、今後の展開で2つ気になっていることがあります。

1つ目は、視聴率の取得方法が変わるのかどうかです。インターネットを介せば、確実に視聴を集計できます。今の視聴率は、一部の限られた人の任意で計測されています。胡散臭さ極まりないですよね。

いつまでも昭和の技術を使ってやり続けている理由がわかりません。個人的には、今の仕組みを変えたくないテレビ局と電通さんが粘っている印象を持っています。

2つ目は、NHKの受信料をモバイル端末を持っている人からも徴収しようとしているのではないかということです。

テレビを持つ人が減り、受信料収入は減っています。今は子どもができてお世話になっている部分もあるので、最近はあまり主張しなくはなりましたが、NHKを見ていなくてもテレビがあるだけで徴収される仕組みに昔から懐疑的でした。

でも、半ば詐欺的な契約のとり方に多大なコストを掛けているのも気になるし、見ても見なくても良いNHKの番組に宣伝費をかけて広告しているのに疑問しか感じません。それも民法の広告よりもおそらくお金がかかっています。

民法はたくさんの人に見てもらって視聴率を稼げば売上が上がるので、テレビ番組の告知を広告するのはわかります。でもNHKはスポンサー収入を得ているわけではないので、たくさんの人に見てもらう必要はないですよね。

テレビのネット配信が見れるからという理由でモバイル端末を保有しているユーザーからも受信料を徴収する魂胆なのであれば、かなりの横暴だと思います。

テレビ主観をやめた方が良い

インターネットが普及してニュースはすぐにネットで得られます。全国民にテレビが必要なわけではありません。

必要な情報のアンバランスを無くすということなのであれば、インターネットの回線利用料を無料にして全国民がアクセスできる状況を作ったほうが今の時代にあっていると思います。

PCやモバイル端末を持っていない人はどうするのか?という議論は、テレビを持っていない人はどうするのか?という議論と同じなので意味がありません。

昔はその役割を担えるのがテレビだっただけで、今は断然インターネットです。

コンテンツ毎に課金するペイパービュー形式を導入すれば、良いものは稼げるので、より良いコンテンツ作りが活発になるとポジティブにも考えられます。

客が寄り付かないようであれば、市場から求められていないということだけなので、資本主義の原則からするととてもシンプルではないでしょうか。

テレビが主要なデバイスではなくなった今、NHKが無くなって困ることがあるのかな?と少し偏った考え方にならざるを得ません。

テレビ番組のネット配信という言い方自体もテレビ主観の考え方なので、テレビという言葉自体をなくしていった方が良いとも思います。

20世紀では動画コンテンツを配信するメディアがテレビだっただけで、21世紀ではインターネットがそれを担えるインフラとなりました。その変化に業界が適応していかなければ、昭和という時代を生きた人たちと共倒れしていくのみだと思います。

とはいえ、ポテンシャルはまだまだあると思うので、テレビの人たちはやっぱり凄いなと思わせてほしいと、昭和生まれは思うわけです。

参考:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161019-00000012-asahi-pol

#事業

  • Facebook - Black Circle

株式会社テマヒマ 東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア39F

Copyright © 2015 Temahima .Inc   All Rights Reserved.