• 平岡大輔

おいてけぼりにされる広告主


メディアの情報を常にアップデートしておく重要性、のお話。

アメリカの調査でYoutube視聴ユーザーで高齢者の利用率が伸びているという報告がありました。 一般的には25〜35才のいわゆるミレニアル世代がメインのユーザーだと考えられています。

2015年から2016年にかけて、18才以上の滞在時間が2倍に伸びています。その中で、55才以上のユーザーの滞在時間は3倍に伸びているそうです。

この伸び率は18才以上のユーザー全体よりも80%高い増加率になっています。この現象は、お年寄りの方が自由に使える時間が多いことを考えると、普通に理解できますよね。TV視聴に使っていた時間をYoutubeに使いだしているだけの話です。

TVを見る、ネットで動画を見るという行為の違いを意識せず、単にエンターテインメントを楽しむという行為をしているだけです。

単純に取って代わったということでもなく、TV視聴をしながらモバイルでYoutubeを見ているという利用態度も見て取れるようです。

最初に得た情報だけでは、こういうユーザーの変化は捉えられません。もちろん絶対数の差はあるにせよ、若年層だけのメディアではなくなってきていることを表しています。日本の調査ではありませんが、遅かれ早かれ同じ傾向が現れてくるものと思います。

アップデートされる利用方法

Twitterも中高生がメインで利用していると思われがちですが、実は30代40代の利用率が全体の40%近くを占めています。

つぶやくことが目的ではなく、興味のある情報の収集源として利用しているユーザーが多いようです。

特定のアカウントをフォローしているユーザーをターゲティングできるなど、使い方次第ではかなり効果的に活用できるメディアなのですが、実はあまり使い方を知られていないのが実状です。

新しいメディアについては、流行りだした時の情報をずっとイメージしがちですが、ユーザーや利用の仕方は日々進化しています。

目新しいものばかりに飛びついていると、実は自社のプロモーションにとって有効な手段を見逃してしまっていることがあります。

新しいものも大切ですが、既存のものの情報のアップデートも心がけていただけると、効果的・効率的なプロモーションができるようになります。

広告はどこに出すか、よりもどう活用するかを考えることが大切です。

参考:http://www.movie-times.tv/topic/9403/?utm_content=buffer40cb6&utm_medium=social&utm_source=facebook.com&utm_campaign=buffer

#マーケティング #広告

  • Facebook - Black Circle

株式会社テマヒマ 東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア39F

Copyright © 2015 Temahima .Inc   All Rights Reserved.