• 平岡大輔

ADviserちょっと改良します


昨日はCTOとの定期mtgでした。開発スタッフの面談も兼ねて、3人でディナー。

市場の現実にフィットさせる近道

ADviserの今後について話しました。ここも意見が合致していて、1つの方針が定まりました。機能追加ではなく、利用してもらうための機会追加のための開発をすることにしました。

この2ヶ月ほど、セミナーやイベント参加を通してターゲットからもらえたフィードバックを元に、もっと市場にフィットしたサービス内容にしたいと考えていました。

理想とする世界はあるものの、まずはそこへのステップを上がっていかなければいけないので、より現実を見た形でのサービスにチューニングしていくことにしました。

検討段階では、適切でコスパの良いパートナーとのマッチングにフォーカスさせて、その目利きの部分をロボットにさせるなど、サービスとして精度の高いマッチングをより押し出した形にしようかとも思いました。

でもそれではどこまで行ってもマッチングサービスの域を出ませんし、条件だけでマッチングされてもうまくワークするイメージができませんでした。結局はパートナーさんの資質に頼り切ってしまうことになります。

やはり、プラットフォームとしてパートナー側にもマッチング以外のADviserに参加することのメリットがないと続かないと考えて、若干サービス内容を絞り、整理しました。

中小規模の企業において、専属で業務にあたり、実務に追われず自分を高め続けていられるマーケティング担当者の方は非常に少数です。多くの場合は、兼務をしていたり、日々の業務を捌くので手一杯の状況です。

自身のノウハウを充実させて、できることなら自社でいろいろとやっていきたいと思ってはいるものの、現実問題まるっと集客について任せられるパートナーに頼りたいと思っています。

僕らとしては、そうならないためのチームづくりを目的としていますが、実現するためには現実とのギャップがまだまだ大きいので、市場の求める「まるっと任せて成果を出せる」というところにより絞ることにしました。

こんな感じで改良します

機能としてはよりシンプルになります。「web集客」ではなく、「web広告」のコストパフォーマンスを高めるためのプラットフォームに再定義しました。

web集客という範囲では、広告以外にもSNSの運用やPR、SEOやコンテンツづくり、システムやインフラの整備など多岐に渡ります。担当者によって今抱えている課題が異なり、より企業ごとにフィットさせていかないといけませんでした。

そのため、「具体的にどういうことができるのか?」が伝わりづらく、説明が必要になるサービスになってしまっていたので、シンプルに「web広告」に照準を絞りました。

マーケティング活動においてもっともお金をかけるところでもありますし、改善のインパクトを最も出しやすいところだからです。プレイヤーも多いのでリソースの確保がし易いという供給側の視点にたっても理にかなっていました。

ADviserの主要な価値であるアドバイスはそのままに、パートナーを紹介するのではなく、ADviserとして実務を受ける形にします。その業務に当たってもらう人は、全国で活躍するフリーランスや専業会社の人たちです。広告運用と広告制作のプロをネットワークします。

ADviser上でのコミュニケーションによって、訪問工数や本業以外での要求を受けるなどの工数を削減できます。その分、パートナーからは手数料を低めに設定してもらっても割に合う案件にすることができます。もちろん広告代理店の下でやるよりは多くもらえる設定にするので、パートナーさんとしても投資対効果が高まり、やる気も上がる仕組です。

広告の運用者だけでなく、広告の成否をわける広告クリエイティブに関しても、レスポンスを取るためのクリエイティブを作れるパートナーをネットワークしています。なので、ADviserに広告を依頼することで、コストも抑えられてパフォーマンスも高い広告による集客が可能になります。

そしてもう一つ、統合レポートの提供です。バラバラで課題の所在がわかりづらくなってしまっているレポートをADviser側で統合します。毎月各媒体からの数値レポートをアップロードしていただければ、粒度の調整をして一覧化します。

それにより全体の中でのボトルネックを見つけて、適切なリソース配分を実現します。レポートを元にアドバイザーと課題と打ち手のすり合わせをするなど、より生産的なweb集客のPDCAサイクルを回していくことができるようになります。

アドバイザーによるノウハウ、パートナーによるスキル、統合レポートによるツール、物事を成功させるために必要な3つのセットをADviserを利用することで手に入られます。

もし、web広告の改善や新規獲得に課題をお持ちでしたら、是非ご利用してみてください。

#広告 #マーケティング #会社 #事業

  • Facebook - Black Circle

株式会社テマヒマ 東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア39F

Copyright © 2015 Temahima .Inc   All Rights Reserved.