• 平岡大輔

マーケティングは組織づくりから


USJを再建した森岡さんが先日独立して、企業のマーケティング支援をする会社を作りました。インタビュー記事で、企業がしているマーケティングについての誤解と、マーケティングできるようになるためには組織のあり方を変える必要があると応えられています。

企業の価値を創造する3つの視点として以下を挙げられています。

(1) 市場構造を解き明かす (2) 消費者が自社ブランドを選択する理由をつくる (3)(1)と(2)を実行できる組織をつくる

1つ目は生活者のニーズを捉えることの重要性です。生活者のニーズは時代によって移り変わります。それを捉えることを前提としています。でも本質的に人の求めているものは変わらない、それを満たす方法が変わると補足しています。これはシンプルで核心をついた指摘です。

2つ目は生活者の頭の中における企業に対しての好意度の必要性を挙げています。好意度を高めるために何ができるのか?を考えるのがマーケターの役割だと話されています。

そしてそれらを実現するためには実行を伴う組織づくりが必要で、これがもっとも大切だと指摘。「マーケティングは価値を創造する活動」、企業においては経営そのものです。多岐にわたる業務を1人ではやれません。そのために適切な人材を採用して配置し、その能力を発揮させることが大切な能力だと締めくくられています。

企業がマーケティングを考え直す岐路が来ている

USJの森岡さんや資生堂の音部さんのように、企業に対して発言力のある方たちが本質について語り、気概を持って今の間違ったマーケティングに対する認識を変えて行こうとされています。

お二人に共通するところは、本質をついているところとそれをとてもわかり易く説明してくれるところだと思います。本当に理解していると、物事はシンプルな方向に向かいます。学術的なことも理解し、実践において血肉化した人たちにしかできない芸当です。

森岡さんのように業界で著名な方が公にこういう発言をしていけば、マインドセットされて大きな変化を起こせる企業が増えるんだろうなと思いました。とても楽しみです。

中小規模の企業・事業こそ成功の機会がある

森岡さんがインタビューで話されていたことは、テマヒマが実現しようとしている企業のあり方と同じです。テマヒマは人材登用が難しい中小規模の企業や事業をターゲットとしています。

マーケティングを成功させるために必要な人材を採用するためには、企業のブランドやはたらく環境、報酬、仕事への魅力など、様々なコンテンツが必要です。大企業ならまだしも、中小規模の企業においてこれらのコンテンツを揃えることは難しいのが実際です。

なので、マーケティングに必要な人材を、実績があり柔軟に対応できるフリーランスの人たちから探し、パートナーとして独自チーム化することで、理想の形を追求することを目的としています。

中小規模の企業に主眼を置いている理由は、既に組織が固定化された大企業よりも、柔軟に組織変更や会社のあり方が変えられる中小規模の企業の方が、実現可能性が高いという考えにも基いています。

責任者・担当者のマインドセット、事業規模に応じた適切なパートナーのチーム化、本質に基づいた自社独自の成功パターンの構築オペレーションによって、早い段階からマーケティング組織を作る支援をしています。

優秀な人材を採用できるだけの十分な魅力を蓄えられる状況になれば、改めて自社に最も適した人物を採りに行けば良いと考えています。

まずは次のステップを上がるために必要十分な要件を満たしていくことが大切です。

今すぐ始めるならweb集客のコスパ改善プラットフォーム「ADviser」を是非ご利用ください(宣伝w)

参考 http://diamond.jp/articles/-/156025

#事業

  • Facebook - Black Circle

株式会社テマヒマ 東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア39F

Copyright © 2015 Temahima .Inc   All Rights Reserved.