• 平岡大輔

キャッチビジネスの真実


web解析が一般的ではない時代からweb解析に取り組んでこられている、web業界の生き字引のような方とご飯に行きました。新宿歌舞伎町にある和食屋さんを手配したのですが、だいぶあの界隈も行きやすくなったなと感じました。

渋谷のセンター街界隈もそうですが、「キャッチにはついていくな」と露骨なアナウンスも流れています。キャッチをする店はボッタクリのお店、そういう刷り込みがされる中、条例を守りながら店舗集客支援をしているキャッチの方たちがいます。

ちょうどキャッチの人たちがどう稼いでいるのかをインタビューした記事があったのでシェアしたいと思います。

キャッチビジネスの構成要素

お店に創客したらいくらか設定された金額が報酬として支払われるシステムだと、僕も思っていました。でもそれだと、”荒く考えて平均利用単価5000円、平均グループサイズ3人、手数料5%、1時間平均3件、5時間稼働だとして1日11000円前後、20日で22万くらいと、 大儲かりではない、”(記事より)と、あえてやりたい商売ではない感じです。

キャッチをしている方へのインタビューからキャッチという仕事には優れたビジネスモデルがあることがわかりました。

個々の店舗と個人が個別契約を結んで運営しているのかと思いきや、エリアで月数百万円の報酬を広告費として飲食店経営企業から預かり、それを管理するメンバーに分配するようなビジネスモデルが核となっていました。

ある種、広告予算を預かり、いろんな媒体に予算配分をしている広告代理店のように思いました。さらには、お悩み事の相談相手としての側面もあり、集客をフロントエンドとしてコンサルなど他のサービスへも展開しています。

中でも、採用支援のためにindeedの運用代行をしていたり、自ら飲食店経営もしていることには脱帽でした。正直、身体と口を使って仕事している人たちだと思っていましたが、頭も使っているし、顧客のことを考えて集客をしているし、ビジネスモデルとしても確立されていて、キャッチというビジネスに興味がわきました。

そして、たまたまインタビューに応じた方はエリアを統括しているマネジャーだったのですが、現場の感覚を常にキャッチしておくために、自ら街頭に立ち続けているということでした。

そこいらの広告代理店よりもしっかりしてるなと思いますよね笑。僕も見習うところがあり、たくさん参考にしたいなと感じました。

参考

https://note.mu/jykch/n/na16abf5ae126?fbclid=IwAR0s0Nt3S9abAlN2d2FG4dE4PT7UcIqctejby378SNWjdHnVYXfLRY-_zQ4

#事業

  • Facebook - Black Circle

株式会社テマヒマ 東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア39F

Copyright © 2015 Temahima .Inc   All Rights Reserved.