• 平岡大輔

大事な姿勢


土曜日は保育園の運動会でした。夏頃から練習が始まり、当日が近づくに連れて息子も張り切っていました。かけっこ、リレー、体操・鉄棒・跳び箱の披露、踊りなど出番は多種多様で、たくさん練習したんだろうと感心。

息子はずっと鉄棒ができなかったので、不安がっていました。練習がある日の登園の時も「鉄棒いやだなー。緊張するなー。。」という調子。でも、2週間前くらいから「もう、鉄棒できるよ。」と言って、逆上がりのやり方を教えてくれたりしていたので、前回りももうできるようになったんだろうと思っていました。

運動会当日、鉄棒の演目になり、子供たちが次々に前回りを披露していきます。最初の何人かは前回りではなく、ただぶら下がったり、足抜き(鉄棒にぶら下がった状態で足をかけてから後方に足を回してくるんと後ろに回るやつ)を披露していました。

うちの息子は後ろの方の順番だったので、もちろん前回りをするんだろうと思っていたら、前回りではなく披露したのは足抜き。前回りができていなかったことに少しガッカリはしましたが、元々やること自体を嫌がっていたのが、大勢の観衆の前で鉄棒を披露して、自信満々にしっかりと決めポーズを取っている姿を見ると、親としては感動せざるを得ませんでした。

ちなみにその後の跳び箱も失敗。運動音痴の親の特徴をよく引き継いでくれているなと少しうれしくなりました。

終始小躍りしながら運動会を楽しんでいる様子の息子を見ていると、結果に対してクヨクヨしない、なんでも楽しむという姿勢は大事だなと改めて感じさせられます。

マーケティング活動もうまくいくことばかりではありません。でもやり続けなければ成功を手にすることはできません。そのためには、とにかく結果に感情的に反応せず、とにかく楽しんで取り組むことが大切だと思っています。

#仕事

  • Facebook - Black Circle

株式会社テマヒマ 東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア39F

Copyright © 2015 Temahima .Inc   All Rights Reserved.