• 平岡大輔

インハウスの価値


インハウス化の流れは着実に起きています。

特にコンテンツ制作の領域においてより進んできていると感じます。SEO対策においてコンテンツの評価がより重要視されてきていることも起因していると思いますが、文字を書くことや人に対してどんな情報が有益なのかを考えることは、誰もができることだから取り組みやすいという理由もあると思っています。

こういう事例も出始めています。

前年比172%! 富士フイルムがインハウスで加速させたSEO

インハウス化の目的は記事中にもあるように、コストカット、スピードup、ノウハウの蓄積です。自社リソースが無いとアウトソーシングすることになります。その場合、無駄が多くなりがちです。

それを生業としている外注先の企業は、売上を最大化するために複数の案件を同時に進行しています。そのため、1社に対して割けるリソースが限られてしまい、スピードが遅かったり、提供価値が低くなったりしがちです。その結果、コスパが悪くなってしまいます。

もちろん通常よりも多くの報酬を与えることで、より優先してもらうことは可能ですが、なかなかそうできる企業は多くないですよね。

別会社でやっているEC事業で、SEO対策用のコンテンツづくりを内製化しています。別部署の仕事をしていた子に、ツールの使い方、設計の仕方、記事の構成案の作り方などを軽くレクチャーして、あとは実践に基づいて業務の定着を進めてきました。

今ではすっかり手を離れて、どんどんと自分で記事制作を進めてくれています。いいところ、悪いところに自分で気づけるので、改善のスピードが上がります。自分の作った記事が評価を受けるとやる気もおきます。どんどんノウハウも蓄積されていくので、会社としてのパワーが上がります。

内製化はいいことしかありません。唯一の難点は、とてつもなくテマとヒマがかかることです。でも、事業の成功はそこにしかないと思ってます。

#事業

  • Facebook - Black Circle

株式会社テマヒマ 東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア39F

Copyright © 2015 Temahima .Inc   All Rights Reserved.