• 平岡大輔

事業成功に必要な99.9%


チームラボの堺さんへのインタビューでこんなコメントがありました。

”ものを作る過程でいうと、アイデアの段階は本当に0.01%くらいしか前に進んでいなくて、残りの99.9%は具体的にものを作っていく過程の無数のジャッジによって進んでいく。そこでコストも体験も変わっていって、その積み重ねこそがクオリティの差になってくると思います。”

本当にそうだなと感じさせられました。実行が1番難しい。どう実現させるかを実行前に全て確定させられることはないと思っています。もしそうしようものなら、ずっと何も始められないでしょう。

マーケティング活動もとにかくやってみる姿勢を持てている企業の方がうまくいっている印象です。期待通りの結果が得られなくても、そこからなぜ期待通りの結果が得られなかったのかを学ぶことはできます。それにより、次の打ち手の成功の確度が高まるからです。

とはいえ売上目標を追っているため、確実な施策にしか手を出せないことが多いと思います。でもそうしていればしているほど、可能性の幅が狭くなり、現状を打破するチャンスは失われていきます。

ただ闇雲に手を出すのではなく、仮説に基づいた実行と結果を検証できる状態を作ることが大切です。多くの企業が仮説と検証がないまま、広告代理店などに提案されたものに手を出してしまっています。「成果がでなかったので、次はこれをやってみましょう。」という前に進んだり後ろに下がったりというやりとりをひたすら繰り返している状況です。

開発中のプロダクトもあーだこーだ考えていてはなかなか前に進みません。形があろうとなかろうと、実現しようとしている状態を作り、仮説どおりに機能するのかどうかを検証していくことが大切だという話をつい昨日、CTOと外部のUXアドバイザーとしていました。

できるだけ早く仮説検証を行い、最小限のコストで走り出すのは、自分が支援先に対して促してるのと同じだなと思いました。

自分たちのことになるとなかなか客観的な視点に立てないものですね。

参考 https://markezine.jp/article/detail/28497

#事業

  • Facebook - Black Circle

株式会社テマヒマ 東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア39F

Copyright © 2015 Temahima .Inc   All Rights Reserved.