• 平岡大輔

テマヒマメールのネタ探し法


世界中で利用されているメールマーケティングツール「BenchmarkEmail」さんから取材を受けました。ほぼ毎朝メールを送り続けていることと、開封率も高い水準を維持できていることから、「メールおじさん」の称号をいただけたようです。

BenchmarkEmailはコスパの良さが気に入って導入しましたが、使い勝手もよく、新しい機能につまづいてもサポートの方がクイックに対応してくれるので、とても満足しています。

毎朝メール配信できているのもBenchmarkEmailが、自分にとって良い道具だからだと思っています。

メールを配信するという日課

朝一番の仕事が記事制作とメール配信、過去記事のFacebookページ投稿です。ネタ探しから始まり、全て終わるまででだいたい1時間程度かかっています。

今朝も起きてからネタ探しをしていました。昨日の出来事を振り返り、Facebookでシェアした記事を振り返り、日常に溶け込むマーケティングのタネを探します。

たまにあるのですが、ネタがまったく浮かばない日があります。仕事が立て込んでいると余裕がなくなり、その他のことへの注意が削がれるからなのだと思います。まさに今日もそんな感じです。。

そういう時はどうするかというと、マーケティング情報を掲載しているwebメディアへ、ネタを探しにいきます。

興味のある分野、話題になっている話、意見せずにはいられない切り口などの記事を見つけて、それをネタに記事を書いていきます。

今日も同じようにネタ元になる記事を探しにいきました。開いたのはMarkezineです。幅広いネタで記事が掲載されているので、とりあえず見に行くようにしています。あとは名前が覚えやすいから、という理由もありそうです。

そこで、ビジネスモデルについて考えさせられる状況があったので、それをネタに書こうと思います。

でも、今日は前置きが長くなってしまったので、また明日。

参考 BenchmarkEmailさんに取材いただいた記事はこちら

   →「毎日配信で開封率25%!マーケティングのプロが実践する運用事例

#仕事

  • Facebook - Black Circle

株式会社テマヒマ 東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア39F

Copyright © 2015 Temahima .Inc   All Rights Reserved.