• 平岡大輔

マーケティングチームのボトムアップ


ここ最近で続けて書いている”マーケティング業務の役割の違い”について、組織編成上の役割で言い換えると、プロデューサーはリーダー、ディレクターはマネージャー、オペレーターはメンバーとなります。

ダメな組織は、リーダー>マネージャー>メンバーという階層における役割を、それぞれが果たせていない組織です。

どういう状態かというと、リーダーが実務の進行管理をしていたり、メンバーの業務に対してフィードバックをしていたりする状態や、マネージャーがメンバーが担うはずの業務に取り掛かっていたりする状態です。

なぜなら、リーダーがメンバーに介入しすぎるとマネージャーの仕事がなくなります。マネージャーがメンバーの仕事に介入しすぎるとメンバーの仕事がなくなります。

つまり、それぞれの成長機会を奪ってしまっていることで、組織全体が成長しない方向へと向かっていってしまっているのです。さらには、自分の役割に割く時間が少なくなるので、結果的に本来の役割を果たせない状況に陥ります。

成長させるための組織のあり方

とはいえ、リーダーなりマネージャーなりは「自分のほうができる」と思っているので(実際にそうなんですが)、どうしてもうまくいっていないときに1つ下の階層に降りていきたくなってしまいます。

業績などを考えると、「自らやるしかない!」という気概で取り組むしかない状況なので、致し方ないことではありますが。

でも、その先に待っているのは組織の死です。なので、この負の連鎖を逆回転させなければいけません。そのためにはそれぞれが自分の役割ではなく、1つ上の役割を意識した行動を取る必要があります。

当事者からすると、「いま目の前にある業務で手一杯なのに、1つ上の役割も担うなんて不可能だ!」と思いたい気持ちもわかります。

でも、1段上の視座で物事を捉えることができるようになれば、いま目の前にある業務への向き合い方も変わってきます。実はもっと効果的な方法があるということに気づけたりもします。

視座が低いと視野が狭くなります。すると、自分の範疇でしか物事を判断できなくなるので、どうしても解決策の選択肢が少なくなってしまいます。

自らが1つ上の階層の仕事をどんどん取りにいくようにすれば、組織は必ず成長していきます。

#経営

  • Facebook - Black Circle

株式会社テマヒマ 東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア39F

Copyright © 2015 Temahima .Inc   All Rights Reserved.