• 平岡大輔

PDCAはDO


改めて実験することの大切さを感じています。

メーカーEC事業の方で、6月は高めの目標設定をしています。繁忙期に向けての足がかりにするためです。

普通にやっていてはなかなか到達できない状況で、「とにかくやってみる」というテーマで多少強引な施策でも積極的にトライしてきました。

例えば、これまでは解約機会を回避するために避けていた顧客への個別アプローチをしたり、継続率の低下を気にして実施してこなかったフロントエンド商品の値引きなど。

結果、とても良いユーザーコンテンツを手に入れられたり、今までの8倍のレスポンスを得られたりと、これまでのやり方では手に入れられなかった成果を手に入れることができました。

多少、ネガティブな要因もあったりはしますが、それが全体に影響するほどのものかと言われるとそうでもありません。

デメリットを考えるとき、一事が万事のように捉えたくなります。でも、それは間違いだったなと実感しました。

成功へ近づくための取り組み方

「こんなことをして、●●になったらどうしよう?」と思って気にしているのは、売り手側だけだということです。間違ったら正せばいいだけです。

理屈では理解していたつもりでしたが、我武者羅に取り組んだ結果の実体験として理解できたのはとても良かったなと思っています。

もし今、現状を打破するための策として何かアイデアを思いついているとしたら、ぜひ実施してみてください。どんなことにでもメリット・デメリットはあります。でもやらない限りはメリットを手に入れることはできないからです。

正しい選択を選ぼうとしてあれやこれや検討して時間を消費していくのが、最も生産性を落とす原因です。

まずやってみる。うまくいってもいかなくても、結果から次の手を判断する。この繰り返しですね。

#仕事

  • Facebook - Black Circle

株式会社テマヒマ 東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア39F

Copyright © 2015 Temahima .Inc   All Rights Reserved.