• 平岡 大輔

スターバックス衝撃の真実


「まじか!?」と思わず叫んでしまうことが発覚しました。

ここ最近はEC事業の方にも力を入れているので、青山一丁目のオフィスに毎日います。駅前にスタバがあり、だいたい夕方頃にスターバックスラテを買いに行くのがルーチンになっています。

キャッシュレス推進派なので、できるだけ現金を出さなくて良いお店を選んでいます。家の近所のタリーズではモバイルSuicaで。飲み屋はクレカ。コンビニはファミマでPayPay払いがお気に入り。

支払いが楽というのもありますが、何より小銭を持ち歩かなくて良いのがとても気に入っています。

でも、スターバックスだけはキャッシュかプリペイド式のスタバカードしか使えないので、仕方なくいつも現金払いをしていました。毎回1,000円を支払い、590円のお釣りをもらうので、一瞬で小銭持ちになってしまいます。

募金箱でもあればジャラっと突っ込んでスッキリさせるのですが、スタバには募金箱が無いので仕方なくポケットに突っ込み、1日中ジャラつかせています。あぁ、不快。。

そんなスタバで目を疑うようなことがありました。

僕の前に居たおばさんが支払いにクレカを出していたんです。「え?!」「もしやスタバカードと連携させられるクレカがあるってこと?」と思ったものの、レジ端末でクレカを読み取る操作をしているのを見て、「!?クレカも使えるんやないの!??」と雷に打たれたような衝撃が走りました。

まだしばらく待ちの体勢が続きそうだったので、「スタバ クレカ」で検索。すると、普通にクレカ使えることが発覚しました。喜びとともに、ちょっとした残念感がありました。もっとわかるようにレジ周りでクレカのマーク出すとかしてよ、と。

手数料もかかるし、店側としては積極的に使ってほしくないんだろうと思いましたが、利用できるクレカのカラフルなロゴマーク達がレジ周りに並んでいるシーンを想像した時、「無しやな。」と感じました。

クレカのロゴマークが並んだプレートはスタバの雰囲気をぶち壊し、一瞬でチープな印象が舞い込んできます。スタバが顧客に何を提供しているのかを考えれば、利便性を優先していないことも理解できます。

そして更に、スタバアプリにクレカを登録してスタバカードのモバイル化ができるということを知り、早速アプリをダウンロードしました。ポイントも貯まるというなんともナイスな仕組みらしいので、毎日のスタバ通いがもっとウキウキしたものになりそうで喜んでます。

でも、今日は日中外出続きなので行けそうにないな。。

#マーケティング

  • Facebook - Black Circle

株式会社テマヒマ 東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア39F

Copyright © 2015 Temahima .Inc   All Rights Reserved.