• 平岡大輔

トイレのトラブル●万円


週末にトイレが詰まりました。リノベした直後にも詰まったのですが、下水の管が細いタイプらしく、詰まりやすい方のトイレらしいです。水量を上げてもらい、如何なる場合も大で流すという対処でしばらく問題なく動いていたのですが、ついにあの恐怖がまたやってきてしまいました。

流すと押し返されて水面が上昇してきます。しばらく放置していると水面が下がっているので、何度か流して様子を見ていました。いつか溶けるだろうと高をくくって夕方まで放置してから、再度様子を見てみると、状況は何も変わっていませんでした。。

なので、トイレ詰まりレスキュー的なところに連絡をして対処してもらうことにしました。以前は確かポンプのようなものを使って8,000円程度でした。なので、どこも同じくらいだと思って特に吟味せず、リスティング広告で1番上に表示されていた業者へ連絡。

1時間程で担当者が到着。まずは溶剤で溶かせるかチャレンジ。この時点で1,000円〜とうたってた金額が6,000円に。溶剤代?が5,000円かかるとのこと。高い溶剤やな。ホームセンターとかで買えるんちゃうんかいと思いながら、こちらは立場が弱い状況なのでyesと言う以外の選択肢はなく、溶剤チャレンジに突入。

案の定、溶剤では改善できず。次はポンプチャレンジ。以前は全部で8,000円くらいだと話すと、「本当ですか?それ安すぎますよ。通常5万くらいかかる場合もあります。」と嘘を言ってんじゃないか?と疑われている様子。

明細があれば多少の料金交渉はできると言われるものの、そんなものあるはずもなく。でも確かに1万円以上払った記憶がないんです。でも、立場の弱いこちらとしてはyesと答えるしかなく、結局2万2千円かかってトイレ詰まりを解消しました。

緊急性も重要度も高い状況に、藁にもすがる思いで連絡してきた依頼主の立場につけこみ、低単価で誘い込んだ後に、訪問した時点で実際の価格を見積り、意味のない溶剤で単価を釣り上げ、ポンプで金額を大きく上乗せするというビジネスモデルなのではないか?と疑ってしまいました。

かなりひねくれた見解ですが、まぁそれくらいなにか不信感を感じる購入体験だったなということです。

安い価格だけをアピールして、引き下がれない状況で高い価格を提示されると騙された印象があります。そういう手法に溺れないようにしたいもんですね。

#事業

  • Facebook - Black Circle

株式会社テマヒマ 東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア39F

Copyright © 2015 Temahima .Inc   All Rights Reserved.