会社を設立して3ヶ月

4/15/2015

 

 

4月15日で丸3ヶ月が経ちました。

気がつけば、という印象なのでまだまだ自分に甘いなと思っています。

 

幸いなことに、ツクルヒト(エンジニア)と一緒に始めることができているので、あとは「何によって世の中に価値提供をするか」を定めるだけでした。カンガエルヒト(マーケター)の腕の見せ所です。

 

今年に関しては、僕はマーケティング支援、エンジニアは受託開発でやりくりをし、まず自分たちがおもしろいと思うものに手を出していきながら、その中でどこにアクセルを踏むかを見定めていこうという話で始めています。

 

人に恵まれていることもあり、いろんな方から事業の相談をいただきます。どなたもWEBに関する知識が乏しいため僕を頼りにしていただいていますが、WEBに限らず事業をどう創るかの視界で会話をさせていただくようにしています。

 

ひとつひとつの相談を、日本にマーケティングを根付かせるための好機と捉えるようにしています。どんな事業のタネも、最初はタネでしかなく、それを大きく育てるためにはマーケティングが不可欠です。

 

だからどんな事業のタネでも受け止めて、大きく育てるためにはどうすればいいのか?を考えて、アイデアを出すようにしています。

 

 

今のところ何も実績の無い会社ですが、これまでの仕事の向き合い方や関係性を評価いただき、いろんな方面から相談をいただけていることはとても幸せなことと感じています。

 

ありがたいことに設立直後から支援先が見つかり、生きていく分には困らない収入を得られて、周囲からは好調なスタートだと言われます。でも自分としては、この状況に若干の不安を抱えてもいました。(3月に入ったあたりですかね)

 

 

モヤモヤの原因は、「自らが世の中の何を解決したいのか?」が明確に持てていないと感じたことです。

 

確かにマーケティングで世界を元気に、もっと多くの企業(主に日本を支える中小企業たち)にマーケティングを浸透させることで、この国の経済の底上げをしたいという思いはありますが、これまで自分がやってきたこと、今やれることの延長線上で考えられたミッションなのではないか?と、自問するようになりました。

 

全てを自分で切り盛りすることで生産性は向上し、自分を磨く時間にも多くを費やせるようになってはきたものの、その先には「今やっている仕事(WEBのコンサルティング)がよりできる男」になる未来しかないのではないかと思い、モヤモヤし始めるました。

 

相談をいただいたプロジェクトについて検討をしてみたり、身近な課題を探してみたり、新しく登場してきたサービスを気にしてみたり、そんなことをすればするほど迷路に迷いこんでしまい、何も生み出さない時間をたらたらと過ごしていた気がします。

 

 

導いた結論としては、「今やれることしかできない」ということです(そらそうやろという感じですが)。やりたいことを探す暇があるなら、まずは今やれることに専念し、その中で「よりもっとこうしたい!」を炙り出していこうと思いました。

 

山の登り方は色々ありますが、明確な道が無いならとにかく前に進む、履きなれた靴で一歩でも前に進む。

 

余計なことを考えてしまうくらいまだまだ余裕があるということが露呈されてしまったので、より自分を追い込むために今は積極的に仕事をつくっていくことに決めました。

 

有限な時間をどこに投資するか、時点で考えすぎていたので、ひとまず期間で考えて再配分することにします。

 

では、引き続きよろしくお願いします。

(写真はお気に入りのカップ)

 

 

 

 

タグ:マーケティング

Please reload

最近の記事

November 19, 2019

Please reload

フォローお願いします
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
Category
Please reload

Search By Tags
Please reload

関連記事
Please reload

  • Facebook - Black Circle

株式会社テマヒマ 東京都渋谷区桜丘町23-17 support@temahima.company

Copyright © 2015 Temahima .Inc   All Rights Reserved.