マーケティングの優勝請負人

3/2/2017

今日はちょっとテマヒマの近況報告でもします。

 

僕がここ最近注力しているのは、webマーケティング支援企業でキャリアを積んでから独立をした人たちとのネットワークを広げることです。今開発中のサービスに必要なリソースだからです。

 

テマヒマでは、事業者の最も解決したい課題「集客」のための定額アドバイスサービスを開発中です。


このサービスはweb集客に必要な知りたいことを聞きたい時に何度でも聞けるプライベートQ&Aサービスのようなものです。社内にマーケターがいなかったり、コンサルタントを雇うだけの余裕がない中小規模の企業のためのクラウド相談窓口です。

 

 

昔と違い、ネットを使えば事業者自ら情報にアクセスできます。でもいざネットの世界に飛び込むと、目の前には無限に広がる情報の海。その中から自社に必要な情報を的確にすくい上げるのは至難の業です。


なので、僕らのような存在があるべき方向を指し示し、目的地への道のりを案内しています。

 

頑張って情報を探しても、web上にある情報のほとんどはあなたを顧客にしたい企業の息の掛かった情報です。自社の課題を具体的に理解して、その解決策を探せる人が情報の収集をしていなければ、誤った情報を掴まされてしまいます。


自社の真っ先に解決すべき課題がわからず、カンタンに目的地へと連れていってくれそうな施策に飛びつきがちです。結果、期待する効果が得られずに、また次の魔法の杖を探す旅を始めます。

 

 

チームづくりが鍵


スポットコンサルティング的なサービスだと「ビザスク」があります。ビザスクはいろんな分野の専門家に1時間とか2時間のスポットでコンサルティングを受けられる画期的なサービスです。

 

でも専門家のノウハウに自分の課題がマッチしないと求めている価値としては成立しません。その見極めを事業者側がすることにミスマッチの原因が潜んでいます。

 

また、マーケティングにおいてはその瞬間の示唆だしだけでは解決しません。PDCAを回していくための監督としての機能が必要になります。

 

ただ監督が居てもプレイをする選手がいなければ試合に勝つことはできません。なので、そのチームに欠けているメンバーを引き入れる必要があります。指し示された方向へ進むためのパートナーが適切でなければ、いつまで経っても目的地へはたどり着けません。自力でなんとか進められたとしても、相当な回り道をすることになります。

 

多くの企業が思い通りの結果を得られていない原因は、そのメンバー選びにあります。

 

身の丈にあってない広告代理店に任せてしまっている。予算規模に応じて担当者のスキルレベルが変わります。有名な会社だから、実績のある会社だからといって、あなたの会社を担当する人間が経験の浅い人物なら期待する成果は得られません。


相手の得意を見極められず、大きな括りの中でその専門家だと認識してしまうことで、期待とは違う結果になりがちです。

 

もちろんその分野でのトップ企業のエースを集められるのであれば、うまくいくと思います。でも、オールスターチームを作るようなことなので、お金がいくらあっても足りません。


あなたがそういう企業でなければ、使えるお金が決まっている中で、自社がどういう戦い方をするのかに合わせて、適切なメンバーをチームに引き入れることが大切です。

 

 

新サービスのコアバリュー

 

その適切なメンバーの目利きする役割を新サービスの柱にしたいと思っています。大きな予算を扱うのが得意なパートナーもいれば、少額の予算でもそれなりに上手く回せるパートナーも居ます。


大規模なサイトの制作が得意なパートナー、売るためのLPの制作が得意なパートナー、ちょっとした改修を頼める動きの良いパートナー、あなたの状況に合わせた無駄のないパートナー選びのお手伝いをしたいと思っています。

 

そのために、本当に信頼のおける仲間を周りに集めておく必要があります。これまで一緒に仕事をしてきて、僕のビジネスに対する考え方とマーケティングへの取り組み方に共感をしてくれる人たちが何人か居ます。


でも、まだまだ全てをカバーするには足りていないので、同じ志を持って働いていける仲間を積極的に集めている状況です。


大きな企業と組まない理由は、多くの人間を養うためにどうしても割高な費用設定にしなければいけなくなるからです。同じ業務内容でも小規模事業者に依頼する方がコスパが良くなります。

 

小規模事業者と言っても、元々専門家集団の中で働いてきた人たちを仲間集めの条件としているので、サービスの質は担保できます。安いからと言って質が落ちるわけではありません。


そして安定した組織を抜け出して自分でやろうと思った人は、たいてい組織の中での働き方、クライアントへの向き合い方に対して疑問を感じて飛び出しています。


「自分ならもっとうまくやれる」「組織の理屈ではなく顧客の側に立ったサービス提供ができる」そう思っている人たちがほとんどです。


また、ひとつひとつの案件に対しての責任感が大きな組織の一担当者とは違います。


そういう仲間たちと目的を同じくして前に進んでいけば、多くの中小規模の事業者の成長の礎となれると思っています。

 

 

もちろん集客の悩みに対して、いつでも何度でも相談できるという基本機能でも十分にお役立ていただけることは間違いありません。


専門家たちのスキマ時間を利用する仕組みを作っているので、通常であれば高額の報酬でコンサルティングをしている人間からアドバイスをもらえたり、高額な値付けがされがちな割に合わないちょっとした作業とかも部分的に依頼できたり、コスパの良い支援をしていけると考えています。

 

 

4月を目標に開発チームが頑張ってくれているので、僕は引き続き仲間集めをがんばりたいと思います。


誰か条件に合ういい人いたら紹介してください(笑)

タグ:マーケティング

Please reload

最近の記事

October 31, 2019

Please reload

フォローお願いします
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
Category
Please reload

Search By Tags
Please reload

関連記事
Please reload

  • Facebook - Black Circle

株式会社テマヒマ 東京都渋谷区桜丘町23-17 support@temahima.company

Copyright © 2015 Temahima .Inc   All Rights Reserved.