32億円の期待

5/17/2017

 

 

 

 

前職のフロムスクラッチが32億円の調達をしたというリリースが出ました。メディアでもいろいろと取り上げられていて、業界内での注目度が伺えます。今でも仕事を一部手伝っていたり、良好な関係を続けています。

 

僕が居た3年前とは事業も違えば人の数も違い、まるで様子の違う会社になっています。ただ、高みに向かって駆け上っていく姿勢と、それを実現しようと悪戦苦闘する社員の馬力は変わらず、というよりはどんどんパワーアップしていっているように感じます。

 

 

新卒から8年勤めた広告会社を辞めるきっかけは、10年後の自分の姿がありありと創造できたことです。今の自分とさほど変わってないな、そう感じた瞬間ぷっつりとその時の仕事への意欲が失せました。

 

事業のタネを見つけるために、いろんな業種の企業と関われる広告業界を選んだものの、興味のわく仕事がなく、ただ日々を楽しむことだけの惰性の日々を送っていました。

 

 

30歳になるタイミングで、ふと「この仕事をこの先続けて何になるのか?」と感じて、転職を決意。すぐに転職エージェントに登録して、ITに関われるできるだけ小さい会社を選定条件に、自分の求める働き方ができる企業を探してもらいました。

 

今後事業の核となるのはIT以外に無いと思っていたことと、自分で事業をするには事業を創っていく会社が良いということ、経営を肌で感じるためには小さな規模が望ましいこと、これらの理由からです。

 

 

当時のフロムスクラッチは施策も請け負いながらコンサルティングをしているような会社でした。クリエイティブを作る仕事も増えていたので、制作チームを内製化しようと思っているタイミングでした。その立ち上げと事業部運営の責任者としての役割を与えられ入社することになります。


今では100人を超える組織になっていますが、当時は10人程度の規模。これから組織化を進めるにあたっての中間層としての立場でも、会社づくりに取り組んでいきました。

 

その後、DSPの開発、販売、運用など事業展開をしていき、会社を飛躍させるプロダクト、マーケティングプラットフォーム「b→dash」へと展開していくことになります。

 

 

マーケティングオートメーションという分野では、いろんな会社が独自の視点でプロダクト開発をしている中、市場でのポジショニングを意識した展開をしていて流石だなという感じです。

 

人に対して徹底的なこだわりをもっている会社なので、ここから目指そうとしている高みも、人の力でなんとでもなっていくんだろうなと思っています。

 

古巣が大きくなればなるほど、「自分もしっかりしなければ」という意識が生まれます。まだまだ自立しきれていない自分がいますが、今後も心の支えのひとつとして古巣の躍進を楽しみにしていきたいと思っています。

 

 

参考:http://jp.techcrunch.com/2017/05/16/fromscrach-series-c/

 

Please reload

最近の記事

November 19, 2019

Please reload

フォローお願いします
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
Category
Please reload

Search By Tags
Please reload

関連記事
Please reload

  • Facebook - Black Circle

株式会社テマヒマ 東京都渋谷区桜丘町23-17 support@temahima.company

Copyright © 2015 Temahima .Inc   All Rights Reserved.