中小企業の底上げを担うサービス

5/28/2017

 

マーケティング活動の支援をしてきて常に感じていた課題があります。それは、企業が自分たちで正しい方向へ事業を導けていないことです。外部の専門家に頼るあまり、広告代理店などの言われるがままになってしまっている状況があります。


担当歴が長く、ある程度業務経験をしてきた担当者の方の場合は逆に、これまでのやり方に固執してしまっていたり、外部パートナーの意見を素直に聞き入れないために進歩が少ないという状況もあります。

 

そのため、テマヒマとお付き合いをいただけている企業には、コンサルティング業務を通じて、マーケティングの考え方や業務の動かし方などのノウハウの提供、PDCAサイクルを回していくためのチームづくりなどを行い、自走できるようになってもらうことをゴールにしています。

 

でも、どうしても属人的な対応になってしまうので数社しかお手伝いができません。個人的には3社くらいがベストだと思っています。紹介をされた案件などで、部分的にできる範囲でお手伝いをしていることもありますが、基本的には支援先を増やせない状況です。

 

 

どうにかもっとたくさんの企業が変わるきっかけを作れればと思っていました。そのためにはできるだけ属人性を排除していくことが必要だと考えていて、コンサルティングサービスの本質の部分だけを提供するサービスを考えつきました。


それが本日リリースする「ASDViER]です。web集客についての相談がし放題のクラウドサービスです。訪問や資料作成などのコンサルタントの工数を削減して、課題の発見やその解決策の提案に工数を集中させられることで、低額で提供できるサービスにしました。

 

多くの課題は既に世の中が経験済みのこと

 

 

もちろん先進的な取り組みや複雑な事業内容の大企業の場合は個社毎の対応が必要になります。でも、テマヒマの場合はターゲットとしてはそういう企業を置いていません。どちらかというと、経営者だけで運営している、専任の担当者が居ない、担当者の経験が浅いなど、知恵も手足も足りていない改善によるインパクトの大きい中小規模の企業をターゲットとしています。


中小規模の企業は、外部環境よりも自社環境の方が事業の行末に与える影響が大きいです。やるべきことをきちんとやれば成果が出ます。

 

本来やるべきことはどんな企業でも同じです。でも、それができていない段階で、大企業や先進的な企業の事例を追いかけて、自社にも取り入れようとしてしまうから上手く行きません。

 

また、付き合いのある広告代理店などからもそういうことを提案されがちです。彼らを頼りにしてしまっている事業主は、自社にとって適切な選択かどうかの判断がつかず、投資という名の博打を打たされてしまっています。

 

ADViSERが提供する価値

 

 

そういう不健全なマーケティング環境を改善するために、新サービスを作りました。相談し放題機能は、僕を含めた各分野の専門家のノウハウを提供します。基本的にはマーケティングコンサルタントとして活動しているアドバイザーが対応します。


専門性の高い内容や実務に関わる部分などは、各分野の専門家から担当がつき対応をする形です。専属ではなく、業務のスキマ時間を提供してもらうことで、コストを抑えることができる仕組みです。

 

また、実務を担うパートナーのミスマッチを無くすために、パートナーの紹介も行います。コンサルタントを雇えていない、信用できる相談相手の居ない企業は、新しい取り組みを始めたい時、名前を知っている会社や営業をかけてきた会社に相談を持ちかけることが多いと思います。


基本的にはやってやれないことはないので、みんな全ての相談に対して「やれます!」と返事をします。でも、やれると上手くやれるは違います。やっているように見せて、ただソリューションを代理販売しているだけのこともあります。

 

 

使える予算が大きくないのに、看板の大きな広告代理店に依頼をしている場合は最悪です。担当者は新人がつき、得られている価値に対して過剰な手数料を支払うことになるからです。

 

安いからといって実力と内情の分からない会社に依頼をすれば、あなたのリテラシーが低いことに漬け込んで、適当なサービスを提供されてしまうこともよくあります。

 

でも、名前も知られていない小さな会社でも実力のある会社がいることはいます。でも中々そういう企業は日の目を浴びていなかったりします。その目利きの役割を「ADViSER」にもたせています。

 

ADViSERで見据える今後

 

 

今後としては、まずは基本機能でビジネスモデルの確立とアドバイザーとしての参画メンバーの拡充、顧客の開拓をしていきます。


その後、最初はオプション提供していく「KPI設計」「レポーティング」などの基本アイテムもデフォルト機能として組み込んでいきたいと思っています。

 

企業の悩みとそれに対するアドバイスのデータが貯まれば、アドバイスの自動化を進められます。チャットボット化することでよりコストをかけずにサービス提供できる状態を作っていきたいと考えています。

 


次の段階では、業種業態、収益規模、広告のパフォーマンス状況などを加味して、適切なパートナーを自動で選び出せる機能をもたせることで、更に属人性が排除されます。


事業を成功に導くためには適切な実務パートナーが必要です。企業の課題や規模感に応じた適切なパートナーを紹介できるようになれば、精度の高いパートナーマッチングサービスとしてのポジションを築いていけます。(ほとんどのメディアは企業に自社のサービスを売りたい支援企業の営業用ツールとして機能しているので、適切なマッチングは得られません。)

 

事業拡大に困っている中小規模の課題を「ADViSER」を利用することでおおむね解決できるようになります。そんなサービスになっていきたいと考えています。

タグ:マーケティング

Please reload

最近の記事

November 19, 2019

Please reload

フォローお願いします
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
Category
Please reload

Search By Tags
Please reload

関連記事
Please reload

  • Facebook - Black Circle

株式会社テマヒマ 東京都渋谷区桜丘町23-17 support@temahima.company

Copyright © 2015 Temahima .Inc   All Rights Reserved.