商業施設のデジタル活用というお題

7/18/2018

 

昨日はジオマーケティングさんのセミナーにお呼ばれしてゲスト登壇してきました。ジオマーケティングさんは、地理の視点から商業施設のマーケティングを支援するためのデータ分析とコンサルティングをされている会社さんです。

 

商業施設の多くは苦境に立たされており、データをどう保有するのか、保有するデータをどう活用するのかなどの課題があります。デジタル活用への予算も少なく、販促に関しても決まった予算を代理店に丸投げしているような状況です。

 

そのため、マーケティング担当者の方は何をどうやればいいのか、何をすべきなのかについて明確な答えを持てていません。そこで、デジタル活用のためのマーケティングの本質という内容で今回はスライドを作ってみました。

 

内容としては、

・マーケティングに対する共通認識の提供

・MarketingDriverが企業に必要な理由

・マーケティング実現のために取り組むべきこと

・商業施設のマーケティング施策

・デジタル活用のポイント

などにまとめました。

 

要点としては、

・見込み客の需要を掘り起こす作業がマーケティングとしては重要

・顧客や見込み客の課題、価値観、状態を理解するために顧客データを分析する

・顧客や見込み客が求めているモノやコトを理解するために世の中のデジタルコンテンツを分析する(利用しているサービスやフォローしているコンテンツなど)

 

 

おもしろかったのがパネルディスカッションです。参加者の方が抱えている課題をその場で聞いて、それに対するアドバイスをするという試みでした。

 

・デジタル活用のための予算がない中で、社内をどのように説得すればいいのか?

・駅立地の施設で利用者を増やすために、どうデジタルを活用すればいいのか?

・KPIをどう設定すればいいのか?

などなど。

 

 

テマヒマのセミナーでは本質的に伝えていることはいつも変わらないので、そろそろ違う切り口での情報提供もしてみたいなと感じていました。今回やってみたパネルディスカッションのように、参加者の個別課題に対するアンサーをする機会があるのもまたおもしろいなと思っています。

 

p.s.

参加者を交えて打ち上げをしたのですが、普段商業施設周りのお話を聞く機会がないので、とても興味深いお話をいくつも聞けて楽しかったです。ヨドバシがECで成功した理由とか。

 

タグ:マーケティング

Please reload

最近の記事

November 19, 2019

Please reload

フォローお願いします
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
Category
Please reload

Search By Tags
Please reload

関連記事
Please reload