マーケティングはお膳立て

9/24/2017

 

今日で400記事目の投稿になります。毎朝の記事投稿は、アウトプットの修行のためと、自分がどういう考え方で仕事をしているのかを知ってもらうきっかけづくりのために始めました。


去年の1月から毎朝ネタを考え、執筆をしてきました。ネタがある時は書きやすいのですが、ネタ探しから始める時は産みの苦しみが相当あります。

 

でも、どんな内容でもとにかく書くことを目的に、自分の頭の中のことを外に出し続けてきたことで、考えが整理されたり、研ぎ澄まされている感じがしています。そんな苦行のような行為を続けてこれているのは、見てくれている人が居るという事実が理由としては大きいです。


最近では、交流会やセミナーなどでお会いする方からも「いつも読んでます!」「こないだの記事を社内に共有させてもらいました!」など、嬉しい報告をいただく機会も増えてきました。

 

目に見える成果を追わない

 

 

正直、毎日の記事投稿はコスパが良い活動ではありません。投稿している記事がきっかけで売上が上がっているわけでもありませんし、毎朝1時間〜1.5時間の時間もかかっています。


でも、始めてお会いした方がサイトを訪れてブログを見てくれることで、平岡のことを少し理解していただけます。普段会えない方にもメルマガでの記事投稿によって、常に接点を持っていられます。
小さな接点の積み重ねで、徐々に平岡に対してのイメージが作られていきます。この地道なコミュニケーションの積み重ねがブランディングというものだと思っています。

 

 

BtoBの企業の場合、自社の製品アピールのためにメルマガをやられている企業も多いと思います。僕も職業柄いくつか届いているのですが、ほぼ見ていません。なぜなら製品についての情報しかそこには書かれていないからです。


特にツールを提供している企業に多いのですが、機能の話、導入事例、製品を利用するノウハウなどが内容の多くを占めています。顧客向けのメルマガならそれで良いと思います。

 

でも、受け取っているのはそうではない相手が大多数だと思います。一時的に興味を持ったので、メルマガに登録したのかもしれません。でも、ずっと興味を持ち続けているかというとそうではありません。なぜなら、状況は変わりますし、競合との接点も持っているからです。「ちょっと優しくされたからって調子に乗らないで!」と言われているモテない奴のような状態です。

 

役に立つ相手というポジションを築く

 

 

何故、その製品に興味を持ったのか?を考えて、解決したかった課題に対して、製品を使うことだけにこだわらない情報の提供をすれば、どんな状態の相手であっても、その職務から離れない限りは、相手の興味を引きつけ続けられます。


ドリルを売っているなら、「理想的な穴の空け方」「穴を空ける時の注意点」「穴を空ける前にやること」「素材別穴空け法」など、穴を空けたい相手にとって役に立つ情報であれば、興味を示してあなたからのアプローチにも反応を示してくれると思います。

 

いろいろ役に立つ情報を提供していくれる相手からおすすめされる「効果的・効率的に穴を空ける便利グッズ」として紹介されるドリルは、より魅力的な商品としてアピールされることと思います。

 


セールスをしやすくするのがマーケティングの目的です。セールスのためのお膳立てがマーケティング活動だといえます。

 

マーケティングを支援することを生業としている企業としては、自らが体現しないと説得力がないと思っています。この業界、未だにテレアポがセールスの現場で積極的に行われています。新人の仕事はアポを取ること、な企業も少なくありません。


そんなことだからマーケティングできる企業が増えないんだと思っています。風穴は空けていきたいと思ってますので、引き続き応援よろしくお願いいたします!

 


p.s.
ここ最近で自分的にヒットした記事はこれです↓
コンサルタントと企業の矛盾

 

リソースが整っている企業の方がコンサルタントを雇いがち。コンサルタントを雇うことによって得られる成果が大きいのはリソースが不足している企業。でも、リソースが不足している企業の方が自分たちでなんとかしようとしがち。という矛盾について書いてます。

また、改善をするならコンサルタントを雇うべきで、画期的な成果を出すなら雇うべきではないという真理に触れられたことも気に入っている部分です。
 

タグ:マーケティング

Please reload

最近の記事

November 24, 2019

Please reload

フォローお願いします
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
Category
Please reload

Search By Tags
Please reload

関連記事
Please reload

  • Facebook - Black Circle

株式会社テマヒマ 東京都渋谷区桜丘町23-17 support@temahima.company

Copyright © 2015 Temahima .Inc   All Rights Reserved.