興味をひく表現の作り方

1/16/2018

「JC・JK流行語大賞」なるものがありました。

 

独特の流行り言葉は情報番組などでよく取り上げられてますよね。この手の流行りは誰がどう言い出すのかわかりませんが、何故か同年代に一気に伝播していきます。

 

若い女性に長く売りづらいのは、彼女たちの興味が常に変化しているからだと思います。こういう情報が出た時点では、また違うものへの興味が生まれ、新しい流行りが作られています。

 

逆にそれを捉えられていれば、他の企業より抜きん出たマーケティング活動ができるとも思います。女子高生をプロジェクトに参画させるとか、そういう取り組みも今後してみたいなと。

既に流行ってるものに合わせる

 

 

人に物事を伝える時は、相手の文脈に沿って話を展開する必要があります。相手が理解できる言葉にするのは当たり前ですが、興味を引きやすいものの伝え方など、表現においてもそれは大切になります。

 

広告クリエイティブを作る時、どんな作り方をしていますか?

 

僕はどんなターゲットに対して、どんな反応を得たいのかを決めて、それをどんな見せ方で表現するのか、を考えます。その表現の仕方には無限にバリエーションが出せます。よりターゲットの興味を引くためには、彼らが普段触れているもので使われている表現を利用すると良いです。

 

ターゲットが情報源としているインフルエンサーをモデルとして起用するなどはわかりやすい表現の仕方だと思います。やりやすいことだと、彼らが普段利用しているアプリのトンマナを参考にするなども方法としてあります。

 

何かを作ろうとする時、ゼロから生み出そうとしがちですが、既にターゲットが興味を持っているものを持ち出してあげてください。ターゲットと訴求だけでなく、表現についてもリサーチすることで、より正解に近い表現を作ることがカンタンにできます。

 

 

単純な広告表現の話としてこの話をしましたが、事業や商品を考える上でも同じ思考プロセスは使えます。JC・JK流行語大賞で登場しているようなものが何故人気なのか、その背景や要因を理解することで、自社の事業や商品をより彼女たちへフィットさせられます。

 

リサーチは全ての始まりです。

タグ:マーケティング

Please reload

最近の記事

November 19, 2019

Please reload

フォローお願いします
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
Category
Please reload

Search By Tags
Please reload

関連記事
Please reload