クチコミの構成物質

1/23/2018

 

 

クチコミが人の購入動機に強く影響する理由は、売り手である企業と買い手である自分以外の第三者による評価が、商品への信用の上乗せになるからです。その第三者が自分の信用している相手、例えば家族や友人などであれば、その時上乗せされる信用は購入を決断するのに十分なものになります。

 

人はその商品に対して十分な信用を得られた時、それを買おうという決断をします。そのため、クチコミがマーケティング活動において重要だと言われています。

 

 

一昨日からお腹が痛く、昨日はどうしようもない感じだったので病院へ行きました。

 

昨年末に引っ越したので、まだかかりつけの病院がありません。駅の近くにクリニックがあるのは知っていましたが、少し遠くの病院へ行きました。奥様が参加している保育園のLINEグループがあり、そこの情報から駅前のクリニックは対応が良くなかったという情報を得たからです。

 

個人的には駅近くのクリニックの方が新しく、近いし良いなと思ってたのですが、やはりリアルな口コミに勝る情報は無いなと思って、おすすめの病院にいきました。

 

建物は古いつくり、待合には誰も居ず、診察室へ入ると予想通りのおじいちゃん先生が座っていました。問診から聴診、触診と一通り診察を終え、ウイルス性の胃腸炎ということで薬を処方してもらいました。

 

プロではないので処方の良し悪しはわかりませんが、親身で優しげな話し方患者に安心感を与えてくれるお医者さんなのは確かでした。

口コミを左右するもの

 

 

人の評価は曖昧なものです。望んでいた結果は、対応してくれた相手の印象によって左右されることもあります。

 

どこの病院でも処方は変わらないかもしれません。でも、おじいちゃん先生の優しげな印象によって、「良い病院」という評価を与えている可能性があります。

 

処方が同じであれば、近くの病院の方が自分にとってはより良い病院です。でも人の印象によって左右された評価によって、少し歩いた場所にある病院に行きました。

 

ビジネスにおいてもこのような個人の印象による評価の操作は起こっていると思います。そのため、商品で価値提供をするのは大前提として、それをどういうコミュニケーションによって届けるのか、どういうアフターフォローによってサポートするのかも、より多くの顧客を創造するためには大切な活動と言えます。

 

顧客により好印象を持ってもらう接し方もまたマーケティング活動です。

 

タグ:マーケティング

Please reload

最近の記事

November 19, 2019

Please reload

フォローお願いします
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
Category
Please reload

Search By Tags
Please reload

関連記事
Please reload