思わず手にとった広告

8/20/2019

思わず手にとってまじまじと見てしまったDMがありました。

 

 

写真では伝わらないのですが、かなりの厚紙です。その厚みはおおよそ1.5mm。1部あたりかなりの金額がかかっていると思われます。

 

他にもいろんなDMが来てましたが、自分宛ての封筒以外はノールックでゴミ箱行きです。

 

不動産会社だから集客コストかけられるという事情もありますが、誰にも気づかれないために広告媒体にただお金を垂れ流しているだけの企業はたくさんいます。

 

百貨店王とも呼ばれるアメリカの経営者ジョン・ワナメーカーはこう言ってます。

「広告費の半分が金の無駄使いに終わっている事はわかっている。わからないのはどっちの半分が無駄なのかだ。」

 

オンライン広告のない時代なので、まさにそのとおりな状況だったのだと思います。

 

見込み客とのタッチポイントだけにコストを支払っていては、多くのDMのように捨てる手間をかけさせる迷惑なものとして扱われます。

 

なので、受け手に気づいてもらい、さらには興味深く感じてもらえるようなアプローチの仕方が大切です。

 

どれだけ優れたマーケティングプロセスを構築できていたとしても、知られていなければ無いのと同じです。

 

「商品はいいんだけど。」という話はよく聞きます。でも、その商品に続く道が知られていなければ存在しないのと同じです。

 

 

認知を取るために、どんな工夫ができていますか?

 

 

 

 

タグ:マーケティング

Please reload

最近の記事

November 19, 2019

Please reload

フォローお願いします
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
Category
Please reload

Search By Tags
Please reload

関連記事
Please reload

  • Facebook - Black Circle

株式会社テマヒマ 東京都渋谷区桜丘町23-17 support@temahima.company

Copyright © 2015 Temahima .Inc   All Rights Reserved.