【おすすめのお店】串亭

5/15/2018

 

近所にお気に入りのお店があります。「串亭」という串揚げ屋さんです。最初はランチで利用しました。限定10食の牛カツ定食を注文。とんかつのように分厚い牛カツと牛タンのメンチが2本、山盛りの千切りキャベツとお漬物、お惣菜、お味噌汁、ご飯がセットになって1,000円です。

 

ラインナップだけ見ても結構コスパがいいなと思っていたんですが、食べてみると1.5倍から2倍の価値を感じるくらいのおいしさでした。衣はサクッと中の具はしっかりと素材の味がするし、油が良いのか、途中でウッとなることなく、食べ終わっても胃もたれなどありません。そしてご飯がおいしい。

 

それから何度かランチ利用していたのですが、先日お義母さんが上京してきた時、夜も利用してみました。カウンター席が10席ほど、奥にテーブル席が3席ほどの小さなお店です。子供2人もいるので、テーブル席で予約しました。

 

不幸なことに隣のお客さんが喫煙をしていたので、カウンター席に変えてもらいました。おとな3人+子供1人(5歳児)が横並びに座り、赤子は膝の上に。

 

メニューは、「コース」か「おまかせ」しかなく、我々は「おまかせ」を選びました。「おまかせ」は1本230円で、1本ずついろんな串揚げが出されてくるシステムです。もういらない!というところで各自ストップをかけることになっています。

 

お目当ての串揚げを食べられないというデメリットはありますが、普段食べないようなものも出してくれるので、少しエンタメ的でわくわくしました。

優れたビジネスモデル

 

 

この「おまかせ」というビジネスモデルがとても良くできているなと思ったので、少し整理してみます。

 

●顧客のメリット

・各々が自分の満足に応じた量を食べられる(コースだと男性と女性、大人と子供、それぞれ食べられる量が違うので、全員が同じ満足感になりづらい)

・普段食べないものを食べる機会になる(フォアグラ大根とか出てくる)

・常にできたてを食べられる(注文型だと一気に出てきがちですよね)

・単価が決まっているのでお会計を把握し易い

・勝手に料理を出し続けてくれるので、会話に集中できる

・1本ずつ提供して、説明してくれるので上質感を得られる

 

●お店のメリット

・材料を余らせるリスクを避けられる

・その時おいしいものを顧客に提供できる

・全体で利益を出す調整ができるので、原価割れしている商品も提供できる(フォアグラ大根とか高そう)

・注文を取る業務が減るので、ホールスタッフは顧客対応に集中できる

・客単価を上げ易い(少しづつ提供することで、長く居座ることになるので)

 

最終的にお会計は18,000円くらいになりました。息子はほぼ食べていないので、だいたい客単価が6,000円ということになります。僕以外お酒を飲んでいないことを考えると、料理だけでかなりの金額になっていることになります。

 

それでも大満足でまた行こうという気持ちになっているので、とても優れたビジネスモデルなんだなと改めて感じています。お腹いっぱい食べても全然胃もたれしませんでした。

 

 

1本ずつ提供されるエンタメ性や会話に集中できるなどの付加価値はあるものの、やはりどれを食べてもおいしいというのが、このお店の価値として最も大切な点だと思います。商品が優れていなければ、どれだけ優れたマーケティングも意味を成しません。マーケティングはテコでしかありませんから。

 

p.s.

カウンター席はやはりカップルばかりでした。デートにおすすめです。平岡家とバッティングする可能性はありますw

 

【お店情報はこちら】

https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130403/13029921/

 

タグ:マーケティング

Please reload

最近の記事

November 19, 2019

Please reload

フォローお願いします
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
Category
Please reload

Search By Tags
Please reload

関連記事
Please reload